体育協会紹介

 


トップ > 体育協会とは

体育協会紹介

~ いつまでもスポーツが楽しめる明るく豊かな社会の実現 ~

公益財団法人横浜市体育協会は、1929年(昭和4年)に前身の「横浜体育協会」が設立され、第二次世界大戦の混乱の中で一時的に活動は中断したものの、1948年(昭和23年)に再建し「横浜市体育協会」として明るく豊かな市民生活の実現に向け、スポーツの普及と競技スポーツの振興、市民の健康づくりに寄与することを目指し、様々な活動を進めてまいりました。

1986年(昭和61年)には、加盟団体の陸上競技や野球などの種目団体、各区の区体育協会、学校関連団体が協力して財団法人化しました。さらに、2007年(平成19年)には、財団法人横浜市スポーツ振興事業団(平成19年3月解散)と統合し、生涯スポーツや競技スポーツ振興事業のほかに、新たな事業メニューとしてスポーツセンターなどの施設の管理・運営やスポーツ情報の提供などを加え"新しい体育協会"として船出しました。
 また、2009年(平成21年)の横濱開港150周年という記念すべき年に、当協会は、創立80周年を迎えました。この記念すべき年を市民の皆さまとともに祝い、より多くの横浜市民が親しんでいただける事業を展開いたしました。

    2011年7月1日には、公益財団法人横浜市体育協会となりました。
    2012年4月1日には、社団法人横浜市レクリエーション協会と事業統合しました。

心を新たに、これまで以上に、横浜市民のスポーツ・レクリエーションを振興し、豊かな市民生活の形成に寄与するとともに、法に基づく公正な法人運営を推進してまいります。

横浜市体育協会80年の歴史の詳細はこちら