事業紹介

横浜市体育協会が行っている7つの事業をご紹介します。


 

 
 

  1人で投げるの輪は1回9本です。的棒の下にある数字の合計が1回の点数となり、輪が縦・横・斜めに並んで入ったり、全部入るとポイントが加算されます。
 ルールも動作も簡単で、ちょっとしたスペースで気軽にプレーができ、年代によって投げる距離を変えるなど、楽しみはいろいろです。

 

幼いころ、誰もが楽しんだ“輪投げ”。実は、この輪投げにも正しい得点方法があり、奥の深いスポーツなのです。
 
 ≪準備≫
  用具

 台(60cm×60cm)

 的棒(高さ15.5cm)

 投げ輪9本(ゴム製、直径16.5cm±1cm、重さ135g±3g)
※投げ輪9本の内訳(赤リング4本、黄リング4本、青リング1本)

 ≪方法≫
  単独投輪方式 (1人が9本(赤・青・黄)全部のリングを続けて投輪する)

1チーム1人~9人×チーム数(不特定多数で実施可能)
(1) 輪投げ台の固定ラインと投輪ラインを2mの間隔をあけて引く。

(2)1人の投げる輪は1回に連続9本とする。

(3) 的棒の下の板にかかれている数字の合計を1回の得点とする。

(4) ただし、次のように入った場合は、得点が加算される。

1) 縦、横、斜めに3つ並んで入ったとき→1列につき15点加算

2) 全部の棒に入ったとき→300点

(1列の合計得点15点×8列×2+パーフェクト点60点)

※上記は基本的な方法であり、対象年齢や状況により、得点方法、距離、輪の数などを工夫するとよい

  交互投輪方式(2人で行い、1投ずつ交互に投輪する
  1チーム1人~5人×2チーム

(1) 輪投げ台の固定ラインと投輪ラインを2mの間隔をあけて引く。

(2) 通常、1対1のシングルスで行う。

(3) ジャンケンで先攻後攻を決め、勝ったほうが先攻、負けたほうが後攻となる。
  1試合は、3セットで競い、2セット以降は前セットで負けたほうが後攻となる。
  交互に1本ずつ合計8本のリングを投げる。
  この時、使用するリングは、先攻は赤リング4本、後攻は黄リング4本を使用する。
  青リングは「アンカーリング」として使用する。

(4) 合計4本の輪が投げられた後の得点状況により、点数の低いプレーヤーには
  「アンカー権」が与えられ、このプレーヤーがアンカーリングを投輪し、セットが終了する。
  ただし、同点であった場合は、アンカー権は施行されない。

(5) 的棒の下の板にかかれている数字の合計を1回の特点とする。
(6)勝敗は、1試合必ず連続して3セット行い、勝ちセット数で競う。同点の場合は総合得点の多いものが勝ち。

  その他

リングは、どのように持ってもかまわないが、必ず片手で投げる。

リングを投げるとき、両足は地面に接していなければならない。
 先に投輪したリングが、完全に静止してから次のリングを投げる。
 必ず投輪ラインの後方から投げ、リングが手から離れて台に落ちるまで、ラインを踏んだり超えたりしてはならない。


    種目のご紹介 輪投げ ソフトバレーボール シャフルボード チュックボール ペタンク グラウンドゴルフ ファジーテニス バウンドテニス インディアカ ディスクゴルフ